スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告が→監督の力量

「エンジェル・ウォーズ」と「阪急電車 片道15分の奇跡」をダブルヘッダー(間の時間なし)、無事に完了。終電にも間に合って、問題なしです。


で、映画の評価。(ネタバレは多分、ありません。が、閲覧注意!?)

まず、折角のダブルヘッダーなので、比較から。
エンジェルの方は、演出・画面作りに特化して、筋はほとんどなし。一方の阪急は、筋の下敷きはベストセラーだけど、映像としては二の線、三の線。監督のタイプが違うんでしょう。映画としては、エンジェルの方が上だと思います。

そもそも、エンジェルは画面作りとCG、VFXを勉強するつもりで見たんですが、冒頭から画面の作り込みが素晴らしい。画角、カット割,合成のポイント、CGの丁寧さに、自然な使い方。照明も完璧。


映像として、あのレベルを撮れる監督、日本にはまずいないでしょう。

一方の阪急は、原作に忠実に撮るよう、何処かから圧力があったんでしょう。監督,撮影の工夫がほとんど見えませんでした。一般的なアングルで、セリフの長さに合わせた長回し。

脚色して、大事なエピソードを一組削ったのであれば、セリフについても一考あってもよかった。し、監督はもうちょっとカット割れよ、と。観客が飽きる。

本当に考えて撮ったのかと、疑うような出来。編集も拙い。

画質も、何故かフルハイビジョンじゃない。(妙齢の女性が多いからか)


もう一つ言えるとすれば、原作がそもそも映像、あるいは映画向きじゃない。同一の時間で違うエピソードが林立しても成り立つのは、短編小説だから。だから、連作、連続ドラマならうまく行った可能性がありますが、いかんせん映画は二時間で感動させないといけない。それには群像劇は基本的に難しい。難しいのに,慌てて映画にするから駄作になる。


映画は大きなお金が動くんで、個人の意思では調整など無理なんでしょうけど、こんな映画を作っても得をするのは,主題歌を歌ったaikoくらい。


対照的な映画をみたから,余計に阪急の方が、しょぼく見えてしまいました。

エンジェル・ウォーズは今週末までのところが多いようなので、みるかどうか迷われているのなら、お早めに。映像としては、必見の一作です。

余談
神は細部に宿る。

一つでも手を抜いたら、すぐバレるんですよ。僕も気をつけないと。
余談
スポンサーサイト

トゥーリスト?→とうとう広告が

「時代が望む時、仮面ライダーは必ず甦る」

オールライダーで↑のセリフで涙して早一月。全く更新してない......。

取り合えず、生きてます。240時間労働、280時間労働と、辛い日々でしたが。
時給850円で、4月は交通費含めて25万円稼ぎました。

22、23で新卒入社した社員でも、手取り22万がせいぜいでしょうから、保険も有給もないですが、まあまあ稼いだんでしょうね。3週間、週1で完徹するから、先月より休みが多いのに、労働時間が一週間分多いとは。で、仕事が減るから、と5月頭から、戦力外通告からのフリーエージェント(たまに招集がかかるらしいから、予備自衛官の方が近いか)。

当面は、仮面ライターとして充実しつつ,ハローワークで新卒の枠をもらおうかと思ってます。若さを生かしつつ,きちんと就職してみようと思います。

でも、今月は準備期間に。しっかり充電して、足場を固めたい......。


さあ,今日は強行軍。映画のダブルヘッダーで、一本目の終了と二本目の開始時刻が若干オーバーラップしてるという不思議。パントマイムまでに入れるか,それだけが問題です。


余談

時代が望む時、仮面ライターは必ず蘇れるだろうか。書き手としては、すでに死に体の自分。蘇ってみせる。
プロフィール

Maskedwriter

Author:Maskedwriter
ども。仮面ライターです。
趣味で文章を書き続けて8年くらい? の学生です。
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。