FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マリオ真章 #203(LR_19)

<中尉!>
 通信機に割り込んだのは、ヘッドセットを付けた男の顔。モニターの下部に、<グリーン2>の文字が光った。
 メインモニターに目を移す。<グリーン2>の外見は相変わらずだが、援護射撃が減ったためだろう。明らかに機動が鈍っている。敵機も減らしはしたが、<グリーン2>をたたき落とすには十二分すぎる戦力だ。
<まだですか? 流石に、もう――>
「――もう少しだ。踏ん張れ」
<しかし、>
 メインモニターの隅。格納庫のハッチを確かめる。ミヤモトの動きか、グリーンバーグの激励か。収艦速度は上がっている。
 ハッチを詰めていた<ブーツ>の数は減っているが、<グリーン2>が突っ込むにはまだ早い。
 銃口を<グリーン2>の鼻先に合わせ、怒鳴りながらトリガーを引いた。
「<グリーン2>の帰投を援護せよ。<グリーン2>には当てるなよ」
 集結した<ブーツ>の腕が、一斉に空へ伸びる。アサルトライフル、マシンガンにグレネードランチャー。個性豊かな銃口から、弾丸が飛び出す前に<グリーン2>の後部で爆発が起きた。
「<グリーン2>」 
<大丈夫です。まだ、行けます>
 <グリーン2>は底部から黒煙を噴き出しながら、敵機の追撃を回避した。攻撃を仕掛けた敵機には、ナパーム弾が炸裂。一瞬の沈黙の後、膨大な光に包み込まれて爆発した。
 その爆風にあおられて、<グリーン2>の機体はぐらついた。姿勢制御が間に合っていない。おまけに、高度が徐々に下がりつつある。
 視線を振って、ハッチの方を見やる。まだ、2、3機残っている。
<中尉っ>
 ヘッドセットの男は、半ば焦り気味にこちらを見つめた。
「分かっている。もう少し待て」
<もう待てません。エンジン、パージします>
「待て!」
 <グリーン2>は一瞬停止した後、両脇の大きな円筒を切り離した。本体から離れ切る前に、四散する。
 その爆風を受けた不格好な立方体は、ぐらつきながら降下を始めた。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

Maskedwriter

Author:Maskedwriter
ども。仮面ライターです。
趣味で文章を書き続けて8年くらい? の学生です。
どうぞよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。